羽子板で遊ぶ

羽子板についての豆知識

お正月の羽根つき遊びは、昔から女の子の遊びとして伝承されてきました。この時に使われる羽子板には、遊ぶ目的だけでなく、初めてのお正月を迎える赤ちゃんのためのお守りの意味も含まれてます。 日本では、初めてのお正月をお祝いするために、祖父母やおじさん・おばさん、親しい友人の方などから、女の子に羽子板を贈るという習慣があります。 羽子板は、産まれて初めてのお正月に、厄除けや無病息災などの願いを込めて女の子に贈られるものです。 羽根の形がトンボに似ています。トンボは、害虫を食べてくれる益虫ですので、悪い気をはねのけてくれると信じられて、お正月に羽根つきが行われてきました。羽子板には、昔から、子どものことを大切に想う気持ちが込められているのです。

購入方法を工夫して得られるメリット

羽子板は、人形店で購入することができますが、家の近所で人形店を見つけることはなかなか困難です。 今はインターネットが普及しているため、オンラインショップを利用して探すことができます。そうすると、いろいろな羽子板の比較ができて、お好みに合わせて探せるので非常に便利です。贈り物にぴったりの、お気に入りの羽子板を見つけることができます。飾り専用の羽子板は、とても優雅で華麗な仕上がりになっていますし、着物の種類や色味などやお値段も様々です。 ケースに入っているタイプのものと、入っていないタイプのものがあったり、額縁に入っているタイプのものもあり種類も豊富です。 サービス内容もショップによって工夫が見られます。購入するショップのポイントが数倍になったり、送料が無料のところもあります。