相手が喜ぶ贈り物

もらって嬉しかったものは金額ではない

出産祝いは決してお金ではありません。いかに「相手が喜ぶもの」を贈るか、ということです。自分がもらって嬉しかったものでも良いかもしれません。 私自身も出産を経験し、友人や家族から出産祝いをいただきました。そこでもらって嬉しかったものは、「おむつ」等の消耗品でした。 出産後に友人から「出産祝いに何が欲しいか」と訊かれ、正直とても悩みました。服やおもちゃは金額の設定が難しく、どのようなものが適切か、ということがわからないからです。また、あげる側としても、相手にこだわりがある場合はかなり頭を悩ませることになります。 その点、消耗品は、あげる側にしても、もらう側にしても悩まず買うことができますし、「もらって嬉しかったもの」として記憶に残ります。 出産祝いの金額としては、年々ベビーカーなどの高価なものからベビーカーなどにくらべると安価ではあるが「使えるもの」に変わってきているな、と感じます。 もらって嬉しかったものは、お金ではありませんでした。 出産祝いをあげる際に大切なことは、金額ではなく、相手のことを想う気持ちだと思います。

出産祝いの歴史は時代背景に関係していた

出産祝いの歴史は、その時代背景にとても影響を受けています。 「大家族」が当たり前だった時代は、祝うために家族はもちろん、親族や知人などを大勢招いて盛大にお祝いをしていました。しかし、核家族が増え、盛大なお祝いはしだいに減少していきました。現在は、出産祝いの贈り物して、それ以外は特別になにもしない、ということが慣例化されています。 昔と変わらない点といえば、贈り物に「犬張子」の図柄がよく使われることです。 安産祈願が「戌の日」であるということも、諸説ありますが、子だくさんでお産が軽い犬にあやかる願いが込められています。また、こちらも諸説ありますが、子育て上手ということで、出産祝いにも使われています。 時代背景に影響を受けながらも、昔から変わらない「想い」が、出産祝いには込められているのですね。