TO-C

相手が喜ぶ贈り物

相手が貰って喜ぶものを送りたい場合に、頭を悩ませてしまうというひとも少なくはありません。しかし贈り物は金額などではなく、消耗品などが良いです。安価でも使えるものであれば、役に立つので貰って困るという人はいません。

羽子板で遊ぶ

羽子板とは、お正月に主に女の子が行う遊びで、昔から伝承されてきたものです。また、羽子板は遊ぶために使われていますが、他にも初めてお正月を迎える赤ちゃんのお守りとしても用いられています。

ぬくもりがある

木のおもちゃを赤ちゃんにプレゼントとする保護者が多いです。その理由の1つとしてあるのが木のおもちゃの方が赤ちゃんにぬくもりを与えることができると考えられているからだと言えます。

昔からある

羽子板と言われるモノがあります。この羽子板を利用してゲームを行なうこともでき、このゲームは古くからある日本の文化と言えます。そのゲームは羽根つきという名前になります。

一生大切にする名前

意外と安い命名書の代行業務

赤ちゃんが産まれたら何もかもが初めての記念日に残したいと思う、お父さんやお母さんが多いと思います。 子供の出生体重と同じ重さのテディベアを作成したり、誕生石のベビーリング等いろいろと記念に残せるものが出てきています。 赤ちゃんがうまれて初めての行事と言えばお七夜ではないでしょうか。 命名書をかざって赤ちゃんの写真と撮る家庭が多いと思いますが、 普段から習字をされていない場合、命名書を書くことはとても緊張すると思います。形に残してあげたいからこそきれいに書いてあげたいですが、なかなか難しいものです。今ではネットで安価に命名書を作成してくれるサービスがあります。自分で一から準備するより安く済むと思います。

たくさんの種類の中から自分の好みに合ったものを

昔の人字が上手だという言葉を聞いたことがある人もいると思います。 実際、私の祖父も字がきれいで筆ペンを使って書く祝儀袋などは祖父がいつも名前を入れていました。 核家族化がすすんでいる現在、そのように祖父や祖母が筆に慣れていてすぐに書いてもらえる状況である人が少ないと思います。 家族形態が変わっていく中でも、こどもに対する行事ごとは昔から変わらず残っているものが多いです。 それどころか少子化が進んでいるのでこどもにかけるお金や時間は昔よりかけられる人が多いです。 命名書一つとっても個性が出せるようにたくさんの種類の用紙があります。 出生届を提出後はへその緒と一緒に命名書を保管するので、子供が大きくななったときに渡してあげられるものです。 きれいな文字で思い出を残してあげたいです。